英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

主任教諭選考試験不合格

8年目の今年、主任教諭選考試験を初めて受けた。

5倍くらいの倍率だったが、手応えはあった。

準備段階で説得力のある小論文を書けたからだ。

別にヨイショをするわけでもなく、今ある問題と解決策を論じたつもりだった。

 

今日、社長が話しかけてきた。

別室に呼ばれたので、このことだと予感した。

「力及ばず申し訳ない」と不合格を伝えられた。

なんで社長の力が及ぶのか、会社員時代の出来レースを思い出してしまった。

今後の参考までに、何を改善すれば合格するのかを尋ねてみたが、わからない、の一点張りだった。

 

仕事を目一杯やってきたプライドがあるので、来年も受けるけれども、ハッキリ言って胸糞が悪い。

勤務先で一昨年度合格したお姉ちゃんは社長の添削指導を受けていたそうだ。

 

なんだか馬鹿馬鹿しくなってきた。

これからは引き受けたくない仕事は断固拒否する。

老人たちが始めたムダをどんどん切り捨てたい。

なんだかこの世界での僕の生き方を白黒させる時が来たようだ。