英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

副反応は健全な順反応

先週末に2度目の新型コロナウイルスのワクチン接種を行った。

2度目の副反応に対して、妻は「効かぬわ」と豪語していたので、僕もきっと大丈夫だろうと思っていた。

夕方は何の問題もなかったが、日付が変わる頃から、頭が痛くなり、身体中が痛くなった。

インフルの時と症状は同じで、明らかな発熱がなかったくらいだ。

 

土曜日は頭痛、発汗、下痢といった悪いものを出すための細胞単位の抵抗が見受けられた。

翌日は頭痛が残り、6時間ごとの鎮痛剤が欠かせなかった。

 

今日は体力がないのか、疲れはしたが、頭痛は軽度なものになった。

きっと明日は回復するであろうと思わせる運動後の疲れに近いものがある。

 

以上のプロセスが抗体を作るための適量を注入された擬似ウイルスとの戦いである。

症状が出る人は疑似ウイルスに対して防衛システムが正常に働いた証拠である。

 

僕は3度目の接種は要らないと予感する。

なぜなら罹りづらいウイルスにあえて罹り、抗体を生み出したのだから。

今後気をつけなければならないのは、僕が新型コロナウイルスの運び屋にならないこと。

残念ながら9月以降、夏休みを延長する自治体が現れず、最悪な状況下において、普通に学校が始まる。