英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

TENSEI CK Pro Orange Hybrid

PINGのG425H3(U3 19°)を修理に出し、『TENSEI CK Proオレンジハイブリッド』にリシャフトしてもらった。

『モーダス』からカーボンシャフトに変えたため、D4バランスになってしまった。

 

ライ角も「Flat」にできない、19°のままのクラブを店舗で何発か打たせてもらった。

まず19°の顔つきが怖く、短く持ってソールした。

トータル飛距離は175〜180ヤードが出たが、右へ左へ、トップしたりダフったり、全く制御できなかった。

 

ウチに帰ってバランスを測ると、やはりD4だった。

4gのサードパーティのウエイトを手配したが、それでもD2になりそう。 

取り急ぎウエイトをしまうキャビティーに鉛を3gを押しこみ、セロテープで封をした。

 

今朝の練習でU3、U4、3Wのサーキットトレーニングを行った。

結論から言うと、ユーティリティーに挿した「TENSEI CK Pro Orange Hybrid」は普通に使えたる、ということだ。

カチャカチャで微調整をしたが、「Flat」にしようがしまいが、ほとんど変わらない、という残念な結果だった。

昨日、散々な目にあったのは、体にシャフト長が合っていないからだ。

2cm短く持ち、アップライト気味のスイングをしたらクラブの力で飛んでいった。

スタンスはスクエアで良かった。

 

打感はPING Tourの75Sとあんまり変わらない。

しばらくロフト角は20.5°、ライ角は「Flat」にせず、短く持って使ってみる。

これで200ヤードを狙えるクラブが手に入ったことにしたい。