英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

はじめての右打席

はじめて打ちっ放しの右打席に入った。

真ん中の打席が取れたのも束の間、7Iを忘れたことに気がついた。

レンタルの7IはグラファイトでR。

ここは思い切ってスチールシャフトの54°を借りることにした。

制限時間は60分。

さすがに空振りはしないが、右に左にトップした打球が転がる。

ウェッジが難しくてイライラの30分を過ごした。

 

当りはじめたのは、ティーアップからの野球打ちで遊びはじめてからだった。

隣のおっさんはさぞかし不思議に思っていたはずだ。

当たり前のことなんだけど、テイクバックしたら右足に体重が乗り、右足を軸にダウンスイングが始まる。

頭も右足軸の上にくるからボールまで遠くなる。

なんだか右打ちの僕にとって、この距離に抵抗があり、頭もボールに接近していたようだ。

足を上げて打つようになり、ボールの後ろ側が見えるようになった。

時々トップが出たが、55分が経過してようやく60ヤード先のグリーンにいくつか乗せることができた。

 

経験値すらゼロになり、テンパる曲面を所々に迎えたが、明日の体験レッスンは右打席でやってみたい。

明日こそEPIC Forged Starを持っていこう。