英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

TP-Link『RE505X』を買ってみた

ウチの奥様に、寝室でWi-Fiが使えないと不便、と文句をつけられたので、アダプタ型のアクセスポイントを探してみた。

サイズ的にも財布的にもお手ごろなTP-Linkの『RE505X』を手配することにした。

 

我が家は各部屋に有線LANを分配しており、『RE505X』をブリッジモードで使うのがベターだと考えた。

短めのLANケーブルが製品に同梱されていなかったため、0.3mのCAT6.のケーブルを急ぎ手配した。

 

f:id:hide5344:20200809153104j:image

 

Tetherという接続アプリを立ち上げ、『RE505X』をブリッジモードに変更する必要があった。

f:id:hide5344:20200809153207j:image

 

一度、マイデバイスとして登録されると、SSIDもパスワードもこちら側で決めることができる。

f:id:hide5344:20200809153201j:image
f:id:hide5344:20200809153204j:image

 

やはり1Gbpsの無線はここまで落ちてしまうが、これでも桁違いに速いほうらしい。
f:id:hide5344:20200809153157j:image

 

NECからTP-Linkに乗り換えが進みそうだ。