英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

『コミック版逆説の日本史江戸大改革編』を読んで

自粛明けの本屋に行ったら、コミック版の続編が売られており、衝動買いをしてしまった。

日本人のダメなところを全て朱子学のせいにしていた。

イザワやりすぎ、と初めて違和感を覚えた。

一度、違和感を覚えると筆者がただのへそ曲がりに思えてしまう。

 

逆説しか述べないのはどうかと思う。

純説の中にたまに「逆説」か入るから面白いのであって、3流のフィクションなど読みたくないのだ。