英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーコーチを続けることになりました。

『感染症対人類の世界史』を読んで

やはり池上さんの本は的を得ている。

この本を読めば、僕たちは「コロナ」を正確に理解できる内容であった。

 

結論から言うと、「新型コロナウイルス」はウイルスゆえにマスクなんかじゃ防ぎきれないということ。

ワクチン開発よりも集団免疫の方が先に来るということ。

「風邪」は細菌・ウイルスが巻き起こすということである。

 

歴史から鑑みて、パンデミックが起こると、世界が大きく変容することがわかる。

いくら王や皇帝が抗っても、人間が平等にかかってきた感染症

手洗い・うがいの慣行やソーシャルディスタンスの確保などスタンダードな方法が最大のプロテクションである。

 

それにしても増田ユリヤさんの教養の高さには驚かされた。

僕も本当はこんな人になりたかったんだな、と羨ましい気持ちで読んでしまった。

 

感染症対人類の世界史 (ポプラ新書)