英語で教えないと

脱サラ教師も7年目。今までやれなかったことに再挑戦します。

続『R-1のむヨーグルト』を作ってみた

R-1を10倍増殖させた「のむヨーグルト」を作るのに苦戦している。

「のむヨーグルト」は30℃x8時間が相場なのだが、R-1は43℃に設定しないと活性化されない。

だからといって43℃x8時間では『食べるタイプ』になってしまう。

スムージーを使えば『飲むタイプ』に仕上げることができるが、そこまでするのはめんどくさい。

 

f:id:hide5344:20200429090004j:image

 

ソリッドな『食べるタイプ』の酸味と味は完璧である。

1L紙パックだと高さがあり、ヨーグルトを移しづらいため、しばらくは500mLの小分けにして盛っていこうかと思う。

 

<栄養計算>

無調整牛乳 (900mL) 350kcal

R-1 (飲むタイプ112mL)  50kcal

砂糖 (大さじ3)  100kcal


<100mLあたりの単価> @40〜50 (パック大小)

メグミルク (1L) @230

R-1 (飲むタイプ) @150