英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーコーチを続けることになりました。

第3回英検二次試験結果速報

第3回英検2級二次試験の結果が昨日13:00よりウェブで掲載された。

合格していることはわかっていたが、課題の残る内容であった。

まず僕のCSEスコアは2233/2600であった。

85.9%の取得率であるから、明らかにできなかった技能があったのだ。

分野別得点は以下の通り。

 

f:id:hide5344:20200311145830j:image
f:id:hide5344:20200311145834j:image

 

①Reading    35/38 (92.1%)

②Listening   27/30 (90.0%)

③Writing     11/16 (68.8%)

④Speaking

リーディング      5/5 (100%)

Q&A          21/25 (84%)

アティチュード   3/3 (100%)

 

CSEスコアの打ち明けは以下のとおりである

①Reading    609/650 (93.7%)

②Listening   583/650 (89.7%)

③Writing     517/650 (79.5%)

④Speaking   524/650 (80.6%)

 

f:id:hide5344:20200311145953j:image
f:id:hide5344:20200311145949j:image

 

Listeningパートで90%正解しているのに90%を切るCSEスコアとなっている。

68.8%しか得点していないWritingにおいて80%近いCSEスコアを獲得している。

つまりこれはパーセンタイル値であって、正解率とスコアが比例しないのである。

特にWritingにおいては、そこそこ書ければCSEスコアが上がる仕組みだ。

大変残念な攻略法となるが、5パターン程度のWritingの型を準備しておけばいい。

これはSpeakingにも言えることで、自由奔放な意見よりも定型的な回答が好まれるということだ。

 

英検2級でパーフェクト、すなわち”C1”を取ることは高校生にとって大変困難であると言える。

”B2”狙いであっても英検準1級の受験を推奨する。

次号より英検準1級対策に入る。