英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

G410 PLUS & Hybrid #4 を試打してみた

トーキョージャンボに行ってきた。

運悪く左打席の左側しか空いていなかった。

この打席はドローが打てない。

弾道を見たかったが、これじゃ仕方がない。

ターゲットを変えたり、ネットに引っかかることを前提にこの打席で試打した。

 

ドライバーは230y先にネットがある右側柱をターゲットとした。

最初からネットに引っかかる音が聞こえる。

ネットに当たらないようにさらに右を向いたら、今度は引っ掛けが出始めた。

もう練習だと割り切り、ターゲットを中心にアドレスしたらネットに引っかかり続けた。

 

ドローの軌道になっていることを確認し、サイドターゲットを右側柱に向けて打ってみた。

半分はネットを擦り、もう半分はまっすぐ飛んで行った。

ティーショットが楽しいと思えたのは今日がはじめてだ。

 

次にハイブリッド#4を打ってみた。

正直、4Iよりも当たりやすく、飛距離も出ている。

ロングアイアンと比べると、ハイブリッドはソールが滑り、ミスが軽減されているからだろう。

 

ユピテルのGST-7でスイング測定をした結果は以下の通り。

f:id:hide5344:20190821223156j:image

f:id:hide5344:20190821223159j:image

f:id:hide5344:20190821223203j:image

f:id:hide5344:20190821223232j:image

 

ミート率の向上が課題ではあるが、ミスショットする確率が大幅に減ったと思われる。

今度こそ真ん中にある左打席でドローをかけたナイスショットをたくさん打ちたい。