英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

PING 1-A

ティーショットもパットも1打である。

昔からパッティングは感覚と呼ばれ、他のクラブと同じ感覚で打てる事がある種のトレンドである。

僕も2ボールなどの慣性モーメントのある?パターを腕を伸ばして打っていたが、一向に上手くならない。

 

感覚的に打つのであれば、センターシャフトならターゲットを外さない。

弱く打てるパターは何だろう、と考えているうちに、PING 1-Aにたどり着いた。

このクラシックパターは左で打ってもいい音がする。

長さは34インチにし、グリップもPP58のままにした。

ライ角調整も今回はやらない。

あるがままに打ちたいから、小1時間ほど試打してから買った。(なんて迷惑な客だ)

 

PING 1-Aが正解だとは思えないし、違ったら元のパターに戻せばいい。

でもできればこれをずっと使いたい。