英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

TOEIC 共通テスト撤退

TOEICが大学入試共通テストから撤退する記事を読んだ。

「延期」ではなくて「撤退」。

要するに儲からないとETSが判断したからだ。

「別日程で4技能を評価するのが面倒だ。200ドルでTOEFLを受けてくれ。他国のアジア人たちはそうしている。」

こんな本音が聞こえてきそうだ。

 

僕は4技能なんぞを精査せず、従来のTOEIC800点以上、英検準1級以上、IELTS6.0以上でフルマークのスコアを与えていいと思う。

英語の苦手な子の救済として仕方なく4技能をGTECなどのスコアで証明すればいいだけだ。

 

英語は自分の力で習得するものだと思う。

「英語を喋りたい」人がプロパーから出てこないのはなぜか?

ただ勉強していないだけだからだ。

使うところがないのは言い訳で、お金を払えばどこでも拙い英語を聞いてくれる。

それが英会話学校や語学学校というものだ。

脳内を英語モードに変えたいのなら、心の中で思うことを英語に切り替えればいいだけだ。

これを実践する人がほとんどいないのは、本当は努力したくないからである。

 

僕も教員になりたての頃は、わかりやすく教える、効率的なことしかやらないよう仕掛けを張っていたが、こんなの一時的な記憶蓄積であり、語学ではない。

英語を習得したいなら、脳をだませる仕掛けを学習時から仕込んでおくこと。

常日頃から準備をしていない人が4技能テストでいいスコアが取れるわけないじゃん。

 

TOEICの撤退は民間企業としては当たり前の判断だし、TOEICの準備をしていた受験生は姉妹テストであるTOEFLを受けてほしい。

海外で活躍できるパスポートはIELTSとTOEFLだけなんだから。