英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

読書の夏

今年読んだ本で、ブログに紹介した書籍が16冊となった。

夏休み中に読みたいものがあと5冊くらい。

電子書籍やガイドブックを含めると、10冊以上となる。

正直、有象無象な内容で思い出さないような本もあったが、読書という行為そのものが血となり骨となればいいと思っている。

誰かが言っていた「座右の書」を何冊か見つければいいだけなのだ。

 

「座右の書」を見つけるのに回避できないジャンルはクラシックだと思う。

自己変革を起こすほどのインスピレーションは、もはや完全なるフィクションの世界での疑似体験だけであろう。

読書貧乏になりそうな盛夏となりそうだ。