英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

やっぱり俺は

教育関係の本を読んだり、歴史本を読んだらしているうちに、本来のやりたい自分を思い出した。

もう何年もブログのタイトル「英語で教えないと」を掲げているが、国際バカロレア教育に従事したいのだ。

 

なりやすさで中学校の英語教師となったが、本質と現場の実態は異なる。

英語の略案検討でコンセプトを説明するのだが、「何をやりたいのですか?」と聞かれると返答に困ってしまう。

 

おそらく適性は高校じゃなく中学。

荒削りの彼らの無限の可能性を助長したい。

つまり子どもの味方として、大人たちが作ったルールや常識を是非を問わず教えたいのだ。

本当にこれでいいのか、と考えさせたいのだ。

 

やっぱり俺は社会科のセンセイになりたい。

無償のお節介を焼きたい。

一度、退都することにはなるが、俺の人生はコレなんだと思う。

 

もう夏休みは終わりだ!

現場へ急行せよ!