英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

[DIY大作戦]泡沫蛇口アダプター

我が家のポーチの水道は泡沫蛇口である。

プラスチックのアダプタをつけてホースを取り付けているが、これがすぐに割れる。

金属製のアダプタが流通しておらず、ついに探すことができなかった。

需要がないのが一番だろうが、少し配管の規格や対策について紹介したい。

 

①我が家の泡沫蛇口の規格はM22x1(外ネジ)である。“M”はミリ規格、”1”はヤマの1mmピッチを意味している。

②ホースをつなぐ口金であるが、内ネジのM22x1.25である。

③①②より、M22x1とM22x1.25のアダプタがあればいいのだが、残念ながら金属製は市場に出回っていない。

 

f:id:hide5344:20180824214447j:image

上の写真は割れたアダプタをプラ用接着剤で埋めたもので、白のマニュキュアでコーティングした。

マニュキュアのトップコートは強度を出すために使われている手法である。

 

f:id:hide5344:20180824214856j:image

この写真はホースをつなぐ口金であるが。

外側に白マニュキュアのトップコートを施した。

内ネジがM22x1.25であるため、直接泡沫蛇口にセットするとプシューと音を立てて漏れる。

ピッチ違いのジョイントはシールテープを買い、しっかりと密閉したい。

 

配管といえば前職を思い出す。

様々な規格が乱立する不思議な世界。

ISO化されているが、インチとミリの対立がある限り統一とはならない。

オシャレ住宅には迷惑な規格である。