英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーコーチを続けることになりました。

教材研究

2021年度大学入試

先週の朝日新聞で大学入試に関する特集が組まれていた。 僕は出題範囲を狭めることに反対である。 ある一定の学力を有さない限り、大学に行くべきではない。 高3生は犠牲者ではない。 休校期間中、無償の学習サプリがあっただろうし、目標を達成するために準…

『コミック版逆説の日本史江戸大改革編』を読んで

自粛明けの本屋に行ったら、コミック版の続編が売られており、衝動買いをしてしまった。 日本人のダメなところを全て朱子学のせいにしていた。 イザワやりすぎ、と初めて違和感を覚えた。 一度、違和感を覚えると筆者がただのへそ曲がりに思えてしまう。 逆…

『感染症対人類の世界史』を読んで

やはり池上さんの本は的を得ている。 この本を読めば、僕たちは「コロナ」を正確に理解できる内容であった。 結論から言うと、「新型コロナウイルス」はウイルスゆえにマスクなんかじゃ防ぎきれないということ。 ワクチン開発よりも集団免疫の方が先に来ると…

9月新学期説について

アカデミックイヤーの期首が9月になりそうである。 確かにグローバルな見解であるが、なぜ欧米に合わせる必要があるのか? 桜咲く季節の門出はニッポンの文化ではないのか? プロパーの確保と8月の海外枠の二つのマーケットがある方が企業にとって刺激的だっ…

『マスター麻雀』を買ってきた

我が家では空き時間さえあればトランプの「大富豪」ばかりしている。 9歳になったばかりの末っ子が一番強く、大きく負けない。 損切りが上手いため、麻雀はどうかなと妻と相談して、『マスター麻雀』という初心者セットを買ってきた。 即プレイしたかったが…

スマイルゼミを使ってみた

春休み中に中1の復習教材を作りたく、娘ちゃんの名を借りて『スマイルゼミ』に申し込んだ。 タッチペンの識字率の正確さは、同僚の先生からお借りしたタブレットで試していたから何の不安もなかった。 製品が届き、チュートリアルを受けたあと、国・数・英を…

『サル化する世界』を読んで

内田樹の本を初めて読んだ。 ハッキリ言って日本語の意味がわからない。 英検1級のような長文に読み疲れてしまった。 まあスキーマ的に知っていること・興味のあるタイトルは読めるものだ。 「英語教育」の章は合点のいくものであり、いまの子どもたちや英語…

第3回英検二次試験結果速報

第3回英検2級二次試験の結果が昨日13:00よりウェブで掲載された。 合格していることはわかっていたが、課題の残る内容であった。 まず僕のCSEスコアは2233/2600であった。 85.9%の取得率であるから、明らかにできなかった技能があったのだ。 分野別得点は以…

英検2級二次試験を受けてきた

昨日、上野にある高校で英検2級二次試験を受けてきた。 厳戒態勢のもと、マスク着用OKの許可が出ていた。 面接は来た人順であり、到着後、40分後にはインタビューされていた。 落ちるはずはないけど、ノー勉で面接に臨むべきではなかった。 ①リーディングは…

BTノイキャンイヤホンWF-1000XM3

iPhoneやiPadでの映画視聴のため、AirPods Proを購入しようと思い、一路ヨドバシに。 いくつかのデバイスを試聴した結果、ソニーのWF-1000XM3に決めた。 正直BTイヤホンは初めてではないので、何度もソニーの店員さんに質問した。 マルチペアリングしたいデ…

CSEスコアの仕組み

上の切り抜きは英検の公式サイトのものである。 英検2級満点時のCSEスコアは2600点でC1レベルになる。 準1級満点時のCSEスコアが3000点、9割取れると2700点になる計算だ。 (1級は僕にとっても受験生にとっても旨味のないテストであるから除外した。) 受験…

マークシートとエッセイ

先週受験した英検で思い知らされたことがある。 エッセイ(英作文)用のシャーペンが必要だということだ。 マークシートは『大人の鉛筆』を使っているので、エッセイ用に『クルトガ・アドバンス・アップグレードモデル』を購入した。 三菱鉛筆 クルトガ アド…

続『ケーキの切れない非行少年たち』

これは続編ではなく、特別な支援を要する子どもたちの実態をまとめた調書みたいなものである。 まず、特別な支援を必要とする子どもたちは、クラスの中に25%いると仮定する。 『ケーキの切れない非行少年たち』によると、IQ80以下の子どもは17%いるそうだ。 …

英検2級(2019年度第3回検定)を受けてみた

娘ちゃんが4級を受けるというので、僕も2級を受験することにした。 全くのノー勉で当日を迎えてしまったため、焦って都電の中で『英語の友』を聞いた。 場所は豊島区の某中学校。 きれいに使われている教室を見て、同業者としてとても羨ましい気持ちになった…

iPhone用イヤホンHP-NEL21S

耳というか、リスニング力が問われる職業柄、iPhoneのLightning端子にそのまま挿せるイヤホンを探していた。 近所のジョーシンでセール品があったので、天の声を聞いたかのように迷いなく買ってしまった。 4,658円也。 確かに音はいいのだが、Amazonのレビュ…

これからの音楽との付き合い方

中学校時代から邦楽が好きで、英語を学ぶために洋楽を歌うようになった僕。 ウォークマンが40周年を迎え、僕の音楽史も30年くらいになる。 ウチにあるCDをALACにしてみたが、Windowsのパワポに使えない。 都度MP3への変換も面倒だし、FLACに統一しようと思っ…

『ケーキの切れない非行少年たち』を読んで

この本を読んでビンゴだと思ったことは、知的障害・発達障害の子どもたちの割合が僕の計算と合致していたことだ。 現在のボーダーラインはIQ70以下であるが、以前のIQ80以下に換算すると、その子たちの割合は16%程度になるらしい。 つまり、中学受験で上位3…

CEFRとは

CEFRとはノンネイティブ向けの英語力統一規格である。 偉そうなオヤジが説明会で「セファール」と呼んでいたが、きっとネイティブなら「C・E・F・R」と発音するだろう。 ていうか、そんな存在知ったこっちゃないだろう。 CEFRは3つに分類される。 Beginnerは…

『あなたの脳のしつけ方』を読んで

スキマ時間に読んでいた本をようやく読み終えた。 『ドラゴン桜2』に紹介されていた本だったので、すんなりと理解することができた。 脳であれ、モノであれ、結局は人間が主人である。 エサのやり方次第で「努力できない脳」をコントロールできれば、努力で…

SONY 4Kレコーダー BDZ-FBT4000

BDZ-FBT4000がなんと11/8の本日発売となった。 前々からストアの出荷日が昨日となっていたが、プレスリリースでは来週だった。 ラグビーワールドカップに間に合わなかった大失態。 でも2020年のオリンピックを見据えているから仕方ないか。 我が家は上記のマ…

『「目的思考」で学びは変わる』を読んで

ようやく読み終わったので投稿。 隣の芝生の麹町中学校の経営方針を羨ましく思いながら…。 生徒主導ということは、見守る大人が彼らのアクションを辛抱強く待ってなきゃいけない。 もし、ここの教員なら骨折れ損のくたびれ儲けな毎日だろう。 でもこんな学校…

『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』6巻までを読んで

6巻が発売されたので、あわてて購入した。 もちろん電子書籍である。 惟任日向守がなぜ信長公を殺したのか、明智憲三郎氏の推論がここに帰結する。 僕もあの信長がなぜ手薄な状態を狙われたのかを考察してきた。 原作者の見解が一番高いのではないかと考えて…

Switch Lite を買ってきた

いろんなカテゴリーにマークしました。 究極の携帯機、ニンテンドーSwitch Liteを買ってきたので、レビューと使いかたを紹介します。 Nintendo Switch Lite グレー 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 2019/09/20 メディア: Video Game この商品を含むブログを…

『教育激変』を読んで

旅行中に池上さん佐藤優さん共著の『教育激変』を読み終えた。 対談なので、スーッと内容に入っていけるし、おなじみの池上節はチャンクのごとく速読できた。 佐藤さんが「高校は受験刑務所」だと発言していた。 僕の勤める中学校だって識字率を上げるための…

TOEIC 共通テスト撤退

TOEICが大学入試共通テストから撤退する記事を読んだ。 「延期」ではなくて「撤退」。 要するに儲からないとETSが判断したからだ。 「別日程で4技能を評価するのが面倒だ。200ドルでTOEFLを受けてくれ。他国のアジア人たちはそうしている。」 こんな本音が聞…

読書の夏

今年読んだ本で、ブログに紹介した書籍が16冊となった。 夏休み中に読みたいものがあと5冊くらい。 電子書籍やガイドブックを含めると、10冊以上となる。 正直、有象無象な内容で思い出さないような本もあったが、読書という行為そのものが血となり骨となれ…

『ドラゴン桜2』6巻を読んで

スタサプを使った学習を展開する『ドラゴン桜2』。 6巻でいよいよ「読解力」に関わるテーマが取り扱われ、パターン分析とキーワード探しのコツが書かれてあった。 これは英語でもエッセイを読むときに大変役に立つトップダウン処理に相通ずるところがある。 …

『学校の「当たり前」をやめた。』を読んで

麹町中の取組みと工藤校長先生の人物像を知りたくて購入。 感激し公募に至ったとはいかず、こういう人がボスになればいいのに、と思うにとどまった。 筆者のもう一冊の本を読んでみたい。 学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学…

やっぱり俺は

教育関係の本を読んだり、歴史本を読んだらしているうちに、本来のやりたい自分を思い出した。 もう何年もブログのタイトル「英語で教えないと」を掲げているが、国際バカロレア教育に従事したいのだ。 なりやすさで中学校の英語教師となったが、本質と現場…

ベータ版なんかやるもんじゃない

iOS13のベータ版を使用していたが、トラブルの連続。 ユーザーらしく公式にアプデされて、納得のいくOSだったら使えばいいのだ、と強く反省。 今日、iPhoneのバッテリー交換をしてもらったのだが、ちっともバッテリー残量が100%に戻らない。 Touch IDまでお…